”せどり”なら”元リサイクルショップ店長”にお任せ!

ブログランキング参加中!

ジャンク?ワケあり品ってなんだ?

渡部裕樹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
渡部裕樹
元リサイクルショップの店長という経験を生かしてせどりという物販ビジネスで独立。 独立までの過程で経験した夫婦問題を乗り越え、家族に背中を押してもらえるようなビジネスの構築をサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

ハードオフにはジャンクコーナーがあります。

”ハードオフ名物コーナー”自社HPでも紹介されています笑

何度か訪ねたことがある方はわかると思います。

訪ねたことがなくても行ってみるとわかると思いますが実は

 

集客のメインはジャンクコーナーとなっています。

 

実際に自分が働いていたお店でも集客のメインです。

 

 

そもそもジャンク商品とはなんなんでしょうか?

”壊れているもの”という説明を受けることが多いとは思います。

ですが、実際は保証がない商品ということになります。

 

ジャンクコーナーに並べるものに共通のルールはありません。

とあるお店では保証があるものであっても

別のお店ではジャンク商品ということはよくあることなのです。

 

その理由は明確な基準がないことにあります。

そもそもお店にある商品の全ては”買取”によってお店に並びます。

お店は買取価格でのコントール以外の調整ができないため

在庫にはお店の環境やシーズンに合わせたムラができます。

 

 

そのムラがジャンク化という形で現象化するのです。

 

 

 

ただ基準がない。というのには

動作チェックの仕方、クリーニングにも言えます。

お店によっては非常に簡易的なチェックになっていたり

未クリーニングで販売するということもありえるのです。

 

 

 

ということは、動作チェックができていても

 

”付属品が揃っていないから”
”製造年数が基準より古いから”
”在庫がダブってるから”

なんて理由でジャンク商品となっていることもありえるのです。

 

 

 

もしジャンクを敬遠されているのなら

自分の通うハードオフのジャンクコーナーを見てみましょう。

面白い発見があるかもしれませんよ?

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
渡部裕樹
元リサイクルショップの店長という経験を生かしてせどりという物販ビジネスで独立。 独立までの過程で経験した夫婦問題を乗り越え、家族に背中を押してもらえるようなビジネスの構築をサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 無我夢中古せどり通信 , 2016 All Rights Reserved.