”せどり”なら”元リサイクルショップ店長”にお任せ!

ブログランキング参加中!

ミニコンポ、シアターシステム仕入れの注意点①

渡部裕樹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
渡部裕樹
元リサイクルショップの店長という経験を生かしてせどりという物販ビジネスで独立。 独立までの過程で経験した夫婦問題を乗り越え、家族に背中を押してもらえるようなビジネスの構築をサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

最近はスマートフォンやiPodなどが主流となってきました。

ラジカセやミニコンポが欲しい方も少ないようです。

そんな背景があってか、リサイクルショップなんかでも比較的安値で売られる傾向があったりします。

今回はそんなミニコンポ仕入れの注意点を書いていきたいと思います。

 

 

まず一つ目の注意点ですが

・型番を間違えやすい。

例えばPanasonicのミニコンポ

SC-PM670SD

1428108165382 (1)

 

裏面や表面にはこんな表記がされています。

少し見にくいですがSAから始まる型番が記載されています。

imgrc0064719755

 

 

 

実は、説明書にもしっかり記載があります。

 

スクリーンショット 2016-03-02 2.12.59
センター部分とスピーカーそれぞれに型番があり

システム全体の型番が別にある、ということなんです。

 

今回の場合は仕入れ時に検索しても見つからない、という自体は避けられます。

ただセット型番の名称が大きく変わっていくケースもあるので注意が必要です。

 

 

 

例えばONKYO

FR-S7GX

41DZQX33Y3L

 

これも別々の型番があります。

内容は説明書ではこんな感じです。

スクリーンショット 2016-03-02 2.18.59

 

 

 

ミニコンポなのでまだ?わかりやすいと思います。

シアターセットになるともっとわからなくなります。

 

 

BASE-V20X

20452310220

こちらの商品構成はこんな感じです。

スクリーンショット 2016-03-02 2.23.13

 

 

いかがでしょうか?
調べ方も非常に簡単で、説明書を確認するだけなんです。
なくてもダウンロードなどで確認することができます。
店員さんに聞きにくい場合はダウンロードで確認してもいいですよね。

 

このように型番を間違えてカタログを見つけられない、なんて事態も回避できます。
また、ここ間違えているお店だともしかすると値付けも間違っているかも??
なんてことも考えられたりするので、知っておいて損なことはないかなと思います。

型番の特定方法について解説させていただきました。

参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
渡部裕樹
元リサイクルショップの店長という経験を生かしてせどりという物販ビジネスで独立。 独立までの過程で経験した夫婦問題を乗り越え、家族に背中を押してもらえるようなビジネスの構築をサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 無我夢中古せどり通信 , 2016 All Rights Reserved.