”せどり”なら”元リサイクルショップ店長”にお任せ!

ブログランキング参加中!

売れない?デジカメが売れる理由②

渡部裕樹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
渡部裕樹
元リサイクルショップの店長という経験を生かしてせどりという物販ビジネスで独立。 独立までの過程で経験した夫婦問題を乗り越え、家族に背中を押してもらえるようなビジネスの構築をサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

売れないデジカメが売れる理由の第二弾です。
前回の記事はこちら!

 

今回はズームについて書かせていただきます。

実はカメラ好きの中では高倍率ズームのカメラに否定的な方々もいらっしゃいます。
倍率をあげることにより手ブレが発生しやすくなり三脚が必要になってしまったり

単焦点(いわゆるズームができないレンズ)に比べると写りが悪いということが理由の一例になります。

 

ただ高倍率レンズは単品で非常に高く、高倍率撮影を楽しむ選択として

コンパクトデジタルカメラをサブに使う方も少なくないと思います。

 

 

 

そんなズームには

光学ズームデジタルズームの2種類があります。

同じズームなんですが、全く異なります。

 

 

まず光学ズームですが

レンズを可動することで焦点距離を変化させて撮影対象を拡大させています。

 

対してデジタルズームは

前回にも登場した撮像素子に写った画像を拡大しています。

ただ、デジタルズームは拡大するごとに画像が荒くなってしまいます。

光学ズームでの拡大にはそのようなことはありません。

 

 

綺麗な画質で撮りたい、高倍率カメラが欲しい方にとっては

光学ズームこそが重要なのです。

 

レンズ単品だと

 

これがコンデジになるとこんなにお値打ちに?
見えてきますよね。

こちらの方は1000mmまでカバーできますw

 

 

ちなみに余談ですが

面白いカメラが2015年に発売されています。

COOLPIX P900

”光学83倍ズームの超高倍率コンパクトデジタルカメラ”

この光学83倍とは標準搭載レンズ24mmの83倍

2000mmの望遠レンズになりますw
(これが面白いと思う人もすくないと思いますがwww)

 

興味がある方はこちらを御覧ください♪

2000mmズームの面白さが感じられますw

 

 

 

 

高倍率撮影をしたくても、本格的なものは高価でなかなか楽しめない。。。
でもやってみたい!そんな方のニーズに応えるのが高倍率コンパクトデジタルカメラだということがお分かりいただけたでしょうか??
さらに手ブレが発生しにくいように手ブレを補正する機能であったり

しっかり握り込めるように大きめで、適度な重さにしているデジカメもあったりします。

 

 

今回はズームを中心にお話をさせていただきましたが

”ズームにもこだわりがあり、こだわりを支える機能がある”

視点を増やして、仕入の幅を増えていくキッカケにもなります。

参考になれば幸いです♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
渡部裕樹
元リサイクルショップの店長という経験を生かしてせどりという物販ビジネスで独立。 独立までの過程で経験した夫婦問題を乗り越え、家族に背中を押してもらえるようなビジネスの構築をサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 無我夢中古せどり通信 , 2015 All Rights Reserved.