”せどり”なら”元リサイクルショップ店長”にお任せ!

ブログランキング参加中!

本当は誰にでもできる中古せどり④

渡部裕樹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
渡部裕樹
元リサイクルショップの店長という経験を生かしてせどりという物販ビジネスで独立。 独立までの過程で経験した夫婦問題を乗り越え、家族に背中を押してもらえるようなビジネスの構築をサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

本当は誰にでもできるリサイクルショップでの検品、修理の方法①

まず最初に、リサイクルショップの仕事が難しいことではないということを紹介させていただきました。

 

本当は誰にでもできるリサイクルショップでの検品、修理の方法②

ここで付属品の確認方法、検品の方法を紹介しました。

 

本当は誰にでもできるリサイクルショップでの検品、修理の方法③

ここでは簡単なクリーニングの方法を解説しています。

 

 

 

そして最後に、一番現場で大切とされていることです。
ずばり何か好きなものを見つけること。です。

 

すごくシンプルですがとても重要なことでした。

僕自身が現場で働いているとき一番最初に教えてもらったことがまさにそれでした。

 

 

 

もともと、楽器が好きでリサイクルショップに入りました。

楽器店で働いても良かったんですが、アルバイトから見習いみたいな勤め方をするほど根性もなく

社員から始められるリサイクルショップにしたわけです笑

(それでも今思えば収入面で苦労しましたけどね笑)

 

ギターが好きで、古いもの

いわゆるビンテージ商品が好きでした。

高額なものではなく、安価な古いものが好きだったのです。

その中にYAMAHAのFGシリーズという国産初のアコースティックギターにハマったのがきっかけでした。

大学生の時にアルバイトをしながら買い漁って、ほぼ全種類買いました笑

(レンタル倉庫みたいなのを借りてました)

 

その後、社会人になり、全部楽器店に売った経緯もあります。

今思えば色々な意味で酷いと思いますが。。。

 

 

 

ただ今思えば楽器で遊びながら学んだ知識が生きているのです。

昨日の違いや、シリーズの歴史を調べてみたり。

素材による変化や愛好家の声や評価するポイント

その全てがヒントになりますし、楽器と比較することで覚えていきました。

 

 

どんなところから始めてみてもいいと思います。

カメラも楽しいですし、オーディオもいいもんです。

ビジュアル商品も、パソコンも面白いです。

 

楽しむことから始めて、仕入れついでに違いや特徴を蓄積させていく。

その蓄積から得たものを軸として、様々な方向に展開していけるし

バーコードリーダーが使えない手打ちリサーチの中で売り場から”違和感”を感じ

その”違和感”を頼りに効率的にリサーチをすることもできちゃったりします。

 

知識があれば、相場をしるだけで良かったりしますし

知識を得ることが楽しくなれば、その”楽しい”が生きていくスキルの重要な武器になるのです。

 

 

 

それほど自分が知識があるとも自負はしていませんが

楽しんでいるということは自負できます。

 

 

 

もし楽しくない、と感じているのなら

楽しめることを探してみるのもいいのかもしれません。

リサーチが楽しくなれば、数もこなせるし、数をこなせばスキルになります。

 

 

どうせだったら楽しく頑張りましょう。

今日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
渡部裕樹
元リサイクルショップの店長という経験を生かしてせどりという物販ビジネスで独立。 独立までの過程で経験した夫婦問題を乗り越え、家族に背中を押してもらえるようなビジネスの構築をサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 無我夢中古せどり通信 , 2016 All Rights Reserved.